料金プランの選び方

[2021年版]auのプランを変更したら意外と安くなった【写真付き解説】

最近はコロナの影響もあり、オンラインでプランの変更や手続きをする方が増えていると思います。


筆者も先日、オンラインでauのプランを変更したのですが、これが意外と難しいんですよね。


プラン変更をする際に出てくる注意点も多く、「割引がなくなる可能性があります」というメッセージが出ると、不安になってしまいなかなか先に進めませんでした。


もしかすると似たような経験をした方もいるのではないでしょうか。


今回は筆者が行った手続きを例に、auのプランを変更するだけで、損することなく料金を下げるやり方を解説していきます!



目次

  1. 最新の料金プランを確認
  2. My auでムダがないかチェック!
  3. auの料金を下げる3つの方法
    ・プラン変更
    ・不要なオプションの解約
    ・各種割引を入れる
  4. プラン変更で注意すること
  5. 更に安くしたいなら格安ブランド
  6. まとめ



1. 最新の料金プランを確認


まずは現在申込できるauの料金プランを確認していきます。


それぞれ毎月の料金も載せてありますので、自分がプランを変更したら本当に安くなるのか、という確認もしてみてください。



auの料金プランは、大きく「ピタットプラン」「使い放題MAX」に分かれています。


どちらも「データ通信をどれくらい使うか」で料金が変わるという特徴があります。


このふたつにはそれぞれ、4G回線用プランと5G回線用プランがありますが、どちらも料金は同じです。


使える割引なども同じであるため、この記事では「ピタットプラン 4G LTE/5G」のようにまとめて表記し、説明していきます。


各プランの毎月の料金は、下記の表の通りです。


※表の料金には、スマホの機種代金は含まれていません。


各プランの毎月の料金
プラン名ピタットプラン 4G LTE/5G使い放題MAX 4G/5G
データ通信量~1GB1~4GB4~7GB~3GB3GB超
毎月の料金(税込)3,465円5,115円6,765円5,588円7,238円

家のインターネットとのセット割など、各種割引が入った場合の値段は以下の通りです。

割引後の各プランの毎月の料金
プラン名ピタットプラン 4G LTE/5G使い放題MAX 4G/5G
データ通信量~1GB1~4GB4~7GB~3GB3GB超
毎月の料金(税込)2,178円3,278円4,928円3,278円4,928円

割引の内容と金額は「3. auの料金を下げる3つの方法」で解説していますので、先に知りたいという方はそちらをご覧ください。


では各プランの詳細を解説していきます。


「ピタットプラン 4G LTE/5G」


  • 普段は家や職場のインターネットを使ってデータ通信をする
  • データ通信自体をあまりしない


という方におすすめのプランです。


使ったデータ通信量に応じて請求が来るため、「データ定額〇GB」プランのような「ギガを使い切ったら買い足す」という作業は必要ありません。


その分、データを使いすぎると勝手に請求が上がってしまう、という点には注意が必要です。



「使い放題MAX 4G/5G」


  • 毎月7GB以上のデータ通信をする
  • NetflixやAmazon プライムなどのサービスを使っている
  • 家族でauを使っている方が多い


という方におすすめのプランです。


使えるデータ通信量の制限が無く、どれだけデータ通信をしても定額7,238円(税込)というのが特徴です。


ただし、実際に使ったデータ通信量が3GB未満の月のみ、基本料金から-1,650円(税込)割引されます。


とはいえ、常にデータ通信量が3GB未満なのであれば、わざわざ使い放題MAXを選ぶ必要はありません。


普段はデータ通信を多く使う方が、データ通信量が3GB未満の月があっても、使わなかった分は割引されるので勿体なくない、というものだと思ってください。



もしNetflixやAmazon プライムなどのサービスをご利用中の場合は、使い放題MAX限定のセット割プランが選べるので、料金を抑えられる場合があります。


セット割プランについては「4. プラン変更で注意すること」で紹介しているため、気になる方はそちらをご覧ください。



これらふたつのプランは各種割引を入れることで、ピタットプラン 4G LTE/5Gは毎月2,178円(税込)、使い放題MAX 4G/5Gは毎月3,278円(税込)まで安くすることができます。


しかし、これらのプランを最安料金で使うためには、最初に書いた通り「データ通信をどれくらい使うか」が重要になります。


ですので次章からは、自分が使っているデータ量、今の契約内容などを確認する方法をご説明します。



2. My auでムダがないかチェック!


データ量や契約内容は「My au」から確認するのがおすすめです。


まずはスマホにMy auアプリが入っているかどうか確認してみてください。


auで購入したAndroidであれば最初から入っていますが、iPhoneやau以外で買ったAndroidの場合は自分でアプリを入れないといけません。


もしパソコンで確認する場合や、何らかの要因でアプリが入れられなかった場合は、Web版のMy auから確認します。(やり方はこちら)


⑴アプリ版での確認方法

まずはアプリのインストール方法から解説していきます。


〈iPhone〉

iPhoneの場合はApp Store(下記アイコン)からアプリをインストールします。

App Storeを開いたら、下記の通りに操作します。(写真はiPhone 12です)


①右下の「検索」をタッチし、検索バーに「my au」と入力し「検索」を押す

③My auのアイコンの横にある「入手」もしくは雲のアイコンをタッチ

※「入手」を押した後、Apple IDのパスワードを入力しなければいけない場合があります。

④アイコンが「開く」に変われば、インストール完了



〈Android〉

Androidの場合はGoogle Playストア(下記アイコン)からアプリをインストールします。



Playストアを開いたら、下記の通りに操作します。(写真はAQUOS sense 4 basicです)


①上の検索バーに「my au」と入力し、検索バーの下に出てきた「my au」をタッチ



②どちらかの画面になるので、My auのアイコンの近くにある「インストール」をタッチ


③アイコンが「開く」に変われば、インストール完了


これでアプリが使えるようになりました。


アプリが入ったら、早速起動してみましょう。


起動した後は以下のような流れになります。(写真はiPhone 12です)


①通知を許可し、「au IDでログインする」をタッチ


②au IDを入力して「次へ」、その後パスワードを入力して「ログイン」をタッチ(au PAYアプリご利用中の方はau IDを入力せず「ログイン」をタッチ)


※au IDは【電話番号】か【自分で設定した文字列】で、パスワードは自分で設定した【8文字以上でアルファベット、数字、記号のうち2種類以上を使った文字列】です。


au IDやパスワード分からない方は「au IDを新規登録する」をタッチします。


「au IDの確認・パスワード再設定」をタッチし、電話番号と暗証番号(auを契約した時に決めた4桁の番号)を入力してIDの確認・パスワードの再設定をしてください。


③画面を下までスクロールし、「同意する」をタッチ。(位置情報の許可はどれを選んでもOK)



④TOP画面になったら「もっとみる」をタッチし、【直近のデータ利用量】を「6カ月」にする



この画面で「過去半年間のデータ通信利用量」と「契約中のプラン」が纏めて確認できます。


また、同じ画面から「毎月の請求内訳」を確認することができます。


⑤【直近のデータ利用量】の下にある【当回線の〇月請求予定】の項目の「もっとみる」をタッチ



「プラン料金」は使い放題MAXなどのデータ通信プランに払っている料金と、通話オプションに払っている料金です。


通話オプションは一定時間の通話が無料になるオプションで、「通話定額」「通話定額ライト」「通話オプションなし」のどれかが選べます。


それぞれの料金は下記の通りです。


通話オプションの内容
オプション名通話定額(旧カケホ)通話定額ライト
(旧スーパーカケホ)
なし
料金(税込)1,870円/月770円/月0円
内容(税込)何時間でも通話が無料1回5分までの
通話が無料
(5分以降は22円/30秒)
22円/30秒

「通話料」は通話オプションによる無料通話の範囲を超えた通話料金と、SMS(ショートメール)の送信代です。


「auかんたん決済利用料」とは、毎月のスマホ料金と纏めて支払う契約で使っているサービスの料金です。


具体的には、機種が壊れた時用の保険サービス、NetflixやApple Musicなどの月額会員サービス、ゲームの課金やau Payのチャージなどが考えられます。


金額の横の「>」をタッチすれば、内訳が確認できます。


⑵Web版の確認方法

Web版のMy auでも、アプリとほぼ同じ情報が確認できます。


こちらからサイトにアクセスし、「au IDでログイン」をタッチ。au IDとパスワードでログイン。

②左上の「三」をタッチしてメニューを開き、「My au」→「スマートフォン・携帯電話」の順にタッチ


ここで契約中のプランと当月のデータ通信量が確認できます。


Web版では過去半年間のデータ使用量は確認できません。



請求の内訳を確認するには、


③左上の「三」をタッチしてメニューを開き、「My au」→「My au TOP」の順にタッチ



④【〇月ご請求】の「料金内訳を確認する」をタッチし、暗証番号を入力して「次へ」をタッチ。



⑤内訳を見たい電話番号の右側にある「∨」をタッチして詳細を開く



Web版では以上の方法で確認ができます。



ここまでで「自分がどれくらいデータ通信を使っているのか」「どんなプランを契約しているのか」「何にどのくらい料金を払っているのか」が確認できたと思います。


次章からは、実際にプランを変更する手順を解説していきます。



3. auの料金を下げる3つの方法


それではプラン変更の手続きを解説していきます。


ただし第一章で書いた通り、プラン変更だけでは最安料金で使うことはできません。


プラン変更の他に「不要なオプションの解約」「各種割引の適用」という方法を使うことで、初めて最安料金でauを使うことができます。


この章ではプラン変更の手続き以外に、このふたつの方法も纏めて解説していきます。


プラン変更


①My auアプリを開き、TOP画面の「もっとみる」をタッチし、「ご契約中のプラン」→「料金プランの変更」をタッチ



②変更したいプラン、通話オプションを選んで、「翌月から適用する」を選択し、「同意して次に進む」



③出てきた注意事項を読み、「上記注意事項を確認しました」というところにチェックを入れると「次へ」がタッチできるようになる



④入力した内容に間違いが無ければ、契約内容をWebで確認するか、書類を郵送するかを選択し、「プラン変更を申し込む」をタッチ



以上でプラン変更の手続きは完了です。


Webから手続きを行う場合、①の流れだけが変わります。


①Web版My auを開き、左上の「三」をタッチして「My au」→「スマートフォン・携帯電話」をタッチ。電話番号が間違いないかを確認して、「ご契約内容/手続き」をタッチ。



②「ご契約情報」をタッチし、【料金プラン】の項目の中にある「変更」をタッチ



この後はアプリ版の②からの流れと同じです。


不要なオプションの解約


auのオプションには「かんたん決済で払っているオプション」と「パス系サービスなどの有料コンテンツ」の2種類があり、それぞれ解約方法が違います。


  • かんたん決済で払っているオプション

①TOP画面の「もっとみる」をタッチし、【auかんたん決済利用料】の金額の横にある「>」をタッチ



②各サービスの【ご利用日】の中にある「▼」をタッチし、詳細を確認


ここからの解約方法はサービスによって異なるので、この記事で全てを解説することはできません。


筆者の場合は「Hulu」の文字をタッチすると解約用ページにログインできたので、ネットでオプションの解約ができました。


ネットで解約できない場合や、何のサービスか分からない場合は、【お問い合わせ電話番号】の欄にある番号へ電話し、内容や解約方法を聞くことをおすすめします。


  • パス系サービスなどの有料コンテンツ

①TOP画面の「もっとみる」をタッチし、【加入中エンタメサービス】の「エンタメサービスの確認・変更」をタッチ


②自動でWeb版のMy auにログインするので、利用中のサービスの欄にある「退会のお手続き」をタッチ


③画面の指示にしたがって退会する

※引き止め用のページが出てくるので、下までスクロールし「退会の手続きを進める」「退会する」などのボタンを探す


こちらも解約方法がサービスによって違うため、全てを記載することはできません。


ただ、先ほどのオプションと違い、こちらはauのサービスですので、どうしても解約できなければauショップなどで操作を教えてもらうことも可能です。



各種割引を入れる


auの割引は数が多く、時期によっても異なりますので、今回は代表的なものをご紹介します。


今回紹介するのは「auスマートバリュー」、「家族割プラス」、「au PAYカードお支払い割」です。


これらの割引は基本的にauショップで申し込むことになります。


ネットや電話で申し込む方法もありますが、条件が厳しく、手順も複雑なので、auショップでお願いした方が早く、簡単です。



①auスマートバリュー


auスマートバリューとは、家のインターネットがauひかり、auのホームルーター(コンセントに差すだけでwi-fiが使える機械)、提携しているインターネットプロバイダの場合に、auの基本料金から最大で‐1,100円(税込)安くなる割引のことです。



対象のプロバイダは数が多いので、こちらからご確認ください。


割引を受けるための条件は、以下の3つです。


  • auのスマホを契約している方が住んでいる場所と、家のインターネットを使っている住所が同じ(auの契約者が50歳以上の場合、家族証明ができれば別住所でもいい)
  • 家のインターネットは、電話サービスもセットで契約している(一部ケーブルテレビのみ「ネット+テレビ」「テレビ+電話」という契約でもいい)
  • auのスマホが割引対象の料金プランになっている

この3つを満たしていれば、auスマートバリューを使うことができます。


注意しなければならないのは、スマホの料金プランによって割引額が違うという点です。


auスマートバリュー割引金額の違い
プラン名使い放題MAX 4G/5Gピタットプラン 4G LTE/5G
(1GB以上利用時)
ピタットプラン 4G LTE/5G
(1GB未満利用時)
割引額(税込)-1,100円-550円割引なし

表のように、「ピタットプラン」という名前のプランは使ったデータ利用量で割引額が変化します。


その他にも、新規受付が終了しているプランの中には割引額が低いものがありますので、ご注意ください。


例外として、「スマホスタートプラン(フラット) 4G/5G」というプランはauスマートバリューによる割引がありません。



②家族割プラス


家族割プラスは、家族グループ内でauの契約が合計2台あると-550円、3台あると-1,100円(税込)の割引が入るサービスです。


家族割とありますが、自分一人の名義で複数台契約している場合でも、問題なく割引されます。


少し難しいポイントとして、家族がauの古いプランや折り畳み携帯の場合、「〇台あると」のカウントには含まれますが、割引は対象外となります。


逆に、もし全員が割引対象のプランであれば、全員に割引が入るので、かなりおトクに使うことができます。


以下が割引対象のプランです。


  • 使い放題MAX 4G/5G
  • ピタットプラン 4G LTE/5G
  • 「データMAX」という名前がついたプラン(受付終了)
  • フラットプラン7プラス(受付終了)
  • 新auピタットプラン(受付終了)

これ以外はカウントのみ対象ですが、古すぎるとカウント対象外の場合もあるので、注意してください。



③au PAYカードお支払い割


au PAY カードお支払い割は、毎月の支払いをauのクレジットカードであるau PAY カード、もしくはau WALLETクレジットカードで支払うことで、毎月110円(税込)安くなるという割引です。


先ほどのふたつに比べ割引額は低いので、優先度は低いです。


ですが、au PAY カードを新規で申し込む場合、公共料金の支払いなどもau PAY カードに纏めると、1%のポイント還元の他にPontaポイントが3,000ポイント貰えたりと、結構オトクな特典があります。


そのため、クレジットカード払いに抵抗がなければ、申し込んで損はないです。



au PAY カードお支払い割の対象プランは以下のふたつです。

  • 使い放題MAX 4G/5G
  • スマホスタートプラン(フラット)  4G/5G

もし家族の誰かがau PAY カードを持っていれば、全員の支払いをそのカードに纏めることで、家族全員が割引を受けられます。



4. プラン変更で注意すること


プラン変更の手続きを進めていると、幾つか警告文や同意書などが出てくると思います。


その殆どは関係ない場合が多いのですが、中には損をしてしまうパターンがあるので、それらを纏めてご紹介します。


⑴元に戻せないプランがある


新規受付を終了しているプランの場合、別のプランに変更すると元には戻せません。


一度プラン変更の申込を完了してしまうと、プラン変更適用前であっても申込のキャンセルはできませんので、注意が必要です。



⑵月末2日間は手続きしない


オンライン手続きは、月末二日間の間にやってしまうと、翌月ではなく翌々月からの適用になってしまいます。


受けられるはずの割引が一カ月受けられなかったり、逆に高い料金を一カ月多く払ってしまったりするので、早めに手続きをするようにしましょう。



⑶無くなる割引がある


「昔のプランだったから、とりあえず新しいプランに変える」という考えは要注意です。


なぜなら、中にはプラン変更をすると割引が無くなり、かえって高くなる場合があるからです。


例を挙げると


  • スマートバリューmine(持ち運びできるWi-Fiルーターとのセット割引)
  • ケータイ→auスマホ割、ケータイ→auスマホスタート割(ガラケーからスマホにした時、次回機種変更までつく割引)
  • スマホ応援割(特定のプランにした後、6カ月間つく割引)

などがあります。


必ずMy auで「今いくら払っているのか」を確認し、プラン変更した時に安くなるのかどうかを計算してから、プラン変更することをおすすめします。



⑷2年契約の解除は更新月にする(例外除く)


ピタットプラン 4G LTE/5Gは、2年契約(2年以内に解約すると違約金がかかる代わりに、基本料金から割引をする契約)をしなくても、料金が187円(税込)しか変わりません。


そのため、プラン変更時に2年契約を無しで申し込む方も増えているのですが、もともと2年契約をしている方は注意が必要です。


2年契約をしているプランから、2年契約なしのピタットプラン 4G LTE/5Gに変更する場合、契約更新月でない場合は違約金がかかってしまいます。

更新月でない場合、更新月まで待つか、2年契約ありのピタットプラン 4G LTE/5Gを申し込むようにしましょう。



ちなみに、使い放題MAX 4G/5Gには2年契約そのものがありません。


ですので、2年契約をしているプランから使い放題MAX 4G/5Gにプラン変更する場合、更新月でなくても違約金はかからないようになっています。



⑸「使い放題MAX 4G/5G テレビパック」を申込中の方


使い放題MAX 4G/5Gには、様々な動画視聴サービスとセットになった、オトクなプランがいくつかあります。


それぞれの内容は以下の通りです。


使い放題MAXのセットプラン
プラン名使い放題MAX with
Amazon プライム
使い放題MAX
Netflixパック(P)
使い放題MAX
テレビパック
使い放題MAX
ALL STAR パック
対象回線5G4G/5G4G/5G5G
毎月の料金
(税込)
8,008円8,338円9,108円9,988円
使える
サービス
(税込)
・Amazon プライム
・TELASA


348円おトク!!
・Amazon プライム
・Netflix(ベーシック)
・TELASA

1,008円おトク!!
・FODプレミアム
・TELASA
・paravi

724円おトク!!
・YouTube premium
・Netflix(ベーシック)
・Apple Music(個人)
・TELASA
1,018円おトク!!

このうち、使い放題MAX 4G/5G テレビパックを申し込んでいる方は、プラン変更時に余計な料金がかかる可能性があります。


プラン変更をすると、FODプレミアム、TELASA、paraviは当月中はサービスが利用可能で、翌月に自動解約になります。


ただし、この場合は翌月分のサービス料金もかかってしまいます。


翌月分の料金を無くすためには、Web版のMy auにログインして、テレビパックの項目を自分で退会する必要があります。


こうすると翌月分のサービス料金はかかりませんが、プラン変更を申し込んだ時点からサービスが使えなくなるため、注意が必要です。



5. 更に安くしたい場合は格安ブランドを検討


ここまでで、auの料金を安く使う方法についての解説は一通り終了です。


しかし、auのプラン変更だけでは中々料金が下がらない、という方もいらっしゃると思います。


そういった方の場合は、格安ブランドである「povo」や「UQ mobile」も検討してみるといいかもしれません。


auよりも基本料金が安く、切り替えに違約金や手数料がかからないのでおすすめですが、これらを申し込む場合は

  • 後ろが「@ezweb.ne.jp」「@au.com」のメールアドレスは使えなくなる
  • 家族割による家族間通話無料は対象外になる
  • LINEのID検索が使えなくなる

という注意点があります。


上記のメールアドレスを使っていない、家族と長時間電話をしないという方の場合は、一度どれくらい料金が下がるか確認してみてください。


povo、UQ mobile、auの料金比較については、こちらの記事で詳しく解説しています。



6. まとめ


いかがでしたでしょうか。


今回の記事ではかなり多くのことを説明しているので、ここでまとめをしたいと思います。



  • auの料金を安くするなら、「プラン変更」「不要なオプションの解約」「各種割引を入れる」という3つを組み合わせる必要がある

  • プラン変更をするべきかは人によるので、「My au」で利用状況を確認する

  • My auはアプリでもWebでもいいが、ログインにはau IDとパスワードもしくは暗証番号が必要

  • プラン変更は月末2日間を避け、2年契約をやめる場合は更新月に行う

  • 新規受付終了しているプランは、プラン変更をすると元に戻せず、一度申し込んだら適用前でもキャンセルできないため、慎重に行う

  • オプションは、auのパス系サービスとそれ以外で解約方法が違うため、注意する

  • 「スマートバリュー」や「家族割プラス」などを入れる場合、オンラインよりもauショップで申し込む方が簡単で早い

  • auの料金が思ったより安くならない場合は、格安ブランドも検討する



ざっくりですが、こんな感じでしょうか。


皆様が最適な料金プランを、損することなく使えるようになれれば幸いです!