料金プランの選び方

【携帯ショップスタッフが教える】ガラケープランの違い

2020年9月に総務省がまとめた発表によると、従来型携帯電話(ここでは従来型携帯電話を以下ガラケーと呼びます)の利用率は約18%となっているそうです。携帯電話は約1億9,000万台普及していますので、台数に直すと3,400万台程度まだガラケーが使われていることになります。スマホ普及の陰に隠れ話題にさえ上がることが少なくなってきたガラケーですが、今回はこのガラケープランについて各社のサービスの違いを比較してみたいと思います。

① 各社の通話オプション料金表(料金は税込みです)

        


プラン名基本料2年契約割引最大割引後価格データ容量音声
ドコモケータイプラン 1,507 -187 1,320 100MB

30秒/22円

auケータイシンプルプラン 1,507 -187 1,320 100MB

30秒/22円

ケータイカケホ
プラン
 3,465 -187 3,278 1GBかけ放題
VKプランM(N) 1,969 -187 1,782 

65分無料通話

VKプランS(N) 1,284 -187 1,097 

27分無料通話

ソフトバンク基本プラン 1,078 
 1,078 

30秒/22円

ケータイ100MBプラン 1,408 
 1,408 100MB

30秒/22円

Yモバイルケータイベーシック
プランSS
 1,027 
 1,027 

30秒/22円

上記に現状ガラケー向けのプランを出している、ドコモ、au、ソフトバンク、Yモバイルのガラケー向けプランをまとめてみました。auで4プラン、ソフトバンクで2プランあり実は意外とキャリアが多様なニーズに答えようしていることがわかります。

上記プランを整理すると、1つ目はデータ容量が100MB使え、電話だけでなくメール等も使えるタイプ、2つ目はメール等のデータ通信を全く使わないことに向いている電話中心タイプ、3つ目はデータ通信が1GBまでのガラケーにしてはデータ通信が大容量で使えるタイプ、以上の3つに大きく分類できます。

タイプごとに分けた中での各社の比較をこれからしていきます。

② データ容量が100MB使え、電話だけでなくメール等も使えるタイプ

最初はデータ容量が100MB使え、電話だけでなくメール等も使えるタイプを見ていきます。このタイプのプランはドコモのケータイプラン、auのケータイシンプルプラン、ソフトバンクのケータイ100MBが相当します。データ容量100MBというと現代の感覚ですと100GBの聞き間違いに感じますが、ガラケーですとキャリアメール2万回分くらいに相当し、LINEのテキストだともう少しできる様な容量で、普通に使うとまず使い切らない量であることがわかります。このタイプはガラケーで電話だけでなくキャリアメールやLINEも使う方に向いています。料金はドコモ、auが同じでソフトバンクが88円高くなっていますのでドコモかauの選択がおススメです。

③ 電話中心タイプ(価格は税込みです)

次は電話中心のタイプを見ていきます。このタイプのプランはauのVKプランM(N)、VKプランS(N)、ソフトバンクの基本プラン、YモバイルのベーシックプランSSが相当します。このプランの多くはキャリアメール等のデータ通信を行う際には、別途でプランを契約する必要があり上述したデータ容量が100MB使えるプランと比べ正直割高になりますので、電話だけで使うことが向いています。待受け専用で電話をかけないなら、維持費の安いYモバイルのベーシックプランSSですが、少しでも電話をかけるならauのVKプランがおススメです。料金プランに通話時間がパッケージされていて、VKプランS(N)が27分/1,210円分、VKプランM(N)が65分/2,860円分であり、後述する通話オプションの電話の回数を沢山するけど1回の電話が短い方向けの5分かけ放題や、とにかくたくさん電話する方向けのかけ放題のニーズに入らない、電話の回数はあまり多くないけど1回電話すると長くなることがあるというニーズに適したプランになっています。

また、YモバイルのベーシックプランSSはかけ放題に対しても非常な優位性があります。かけ放題は後述する通話オプションになりますが、基本料+かけ放題オプションで2,127円という他社と比べ驚異的なコストであり、かけ放題を選ぶなら正直Yモバイル一択になります。

④ ガラケーにしてはデータ通信が大容量で使えるタイプ

最後は、ガラケーにしてはデータ通信が大容量で使えるタイプです。auのケータイカケホプランが相当します。正直このタイプはガラケーで使うには完全にオーバースペックなプランです。1GBのデータ容量を使うなら正直スマホに乗り換えることをおススメします。auのケータイカケホプランはauのガラケー向けのプランの中でかけ放題を選ぶとこのプランが一番安いというプランになっています。

⑤ 通話オプション(料金は税込みです)

      


プラン名最大割引後
価格
通話
オプション
金額合計金額内容
ドコモケータイプラン 1,320 5分通話無料
オプション
 770  2,090 

5分かけ放題


かけ放題
オプション
 1,870  3,190 かけ放題
auケータイシンプル
プラン
 1,320 通話定額ライト2 880  2,200 

5分かけ放題


通話定額2 1,980  3,300 かけ放題
ケータイカケホ
プラン
 3,278 

 3,278 かけ放題
VKプランM(N) 1,782 

 1,782 

65分無料通話

VKプランS(N) 1,097 

 1,097 

27分無料通話

ソフト
バンク
基本プラン 1,078 準定額オプション+ 880  1,958 

5分かけ放題


定額オプション+ 1,980  3,058 かけ放題
ケータイ100MB
プラン
 1,408 準定額オプション+ 880  2,288 

5分かけ放題


定額オプション+ 1,980  3,388 かけ放題
YモバイルケータイベーシックプランSS 1,027 スーパー誰とでも
定額
 1,100  2,127 かけ放題

各社とも名前は色々ですが、5分かけ放題とかけ放題のオプションがあり、(Yモバイルはかけ放題だけ)上記に5分かけ放題とかけ放題のオプション料金と割引後の基本料金を合計した金額をまとめてみました。5分かけ放題はソフトバンクの基本プラン、かけ放題は上述いたしましたが、YモバイルのケータイベーシックプランSSとオプションの組み合わせが最もおトクになります。

⑥ まとめ

使い勝手別に最もおトクなプランをまとめると、電話の待受けのみならYモバイルのケータイベーシックプランSS、電話だけ使用で少しだけ電話をするならauのVKプラン、電話だけ使用で5分かけ放題ならソフトバンクの基本プラン、キャリアメール等のデータ通信も使うならオプションがauより安いのでドコモのケータイプラン、かけ放題なら電話だけでも、キャリアメール等のデータ通信を使うにしてもYモバイルのケータイベーシックプランSSが最もおトクです。

現実的な利用を考えおススメプランを選ぶと、電話のみであまり発信をしない方はauのVKプランS(N)、キャリアメール等のデータ通信も使う場合は、かけ放題以外はドコモのケータイプラン、かけ放題なら電話だけでも、キャリアメール等のデータ通信を使うにしてもYモバイルのケータイベーシックプランSSの3択から考えていただけるのではないかと思います。

ガラケーの選択でも、電話をかける頻度や1回の電話に使う通話時間、キャリアメール等のデータ通信を使うか等により、キャリアやプランを決定する要素が変わってきます。自分にピッタリあったキャリアやプランを失敗せずに選ぶためにも、今回解説してきました項目を考慮にいれキャリアやプランを選択していただければと思います。

フォンシェルジュでは、これからも皆様が自分にピッタリのキャリアやプランを選んでいただく為のいろいろな情報をご案内してまいります。記事を読んでわからないことや、こんな情報が欲しいといったことがございましたら、メールでのお問い合わせも承っております。お気軽にこちらからお問い合わせいただきますようお願いいたします。

【関連ブログ】